過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

> >
ゲイタンの話しを少し。
> >
ゲイタンの話しを少し。
-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2012-01-31 20:00 

ゲイタンの話しを少し。


ゲイタンという名前のグループが去年から活動しています。といっても、グループなどというほどしっかりしたものでもありませんし、主催者や活動の主体もはっきりしていないというのが実際のところだと思っています。

当然僕自身も何回か参加者としての参加でしたし、1回は主催をしました。そのほか主催者のそばでお手伝いをしたこともあります。

いわゆるグループとはちょっと違う感じですし、ひょっとしたらグループという概念から考えるとかなり違うかもしれません。
ということでいくつか思うところを書きたいと思います。


そもそものきっかけ。僕はブログを書いていて、読者の方との交流を少しずつ行っていました。何名かの方々は僕に会いたいと言っていただき、僕も大変うれしいと思っていました。もちろん僕自身もコメントをいただける方々にはとても興味がありました。
しかし個別に会うには時間も必要です。何かの機会があれば、そういう人たちをまとめて、一気にあってしまえたら楽しいだろうなぁと思ったのです。オフ会っていえばまさにその通りです。

そんな折ツイッターで、何人かの方々が会おうという話しをしていました。それに僕は乗ったのです。
「会いましょう。とりあえず日程だけ決めませんか」と。

そしてとんとん拍子に日程が決まり、最初のオフ会=ゲイタン第1回目が行われました。

というのが、ゲイタンの一番最初のきっかけでした。
じゃあ、単なるオフ会になぜ名前がつけられたのか。そこが僕自身の思うところなのです。

もともとこうした交流はなるべく長く続けたい、続けられたら素晴らしいと思っていました。そして同時にコミュニティが限定されるのもイヤだと考えていました。そもそも第1回目は、男女ミックスでの交流だったので、何か限定的な表現がつくのはそぐわないですし。

しかし一方で、「表現する方法の無い集まり」、、、それは目的の無い集団なのかもしれません。というのは、継続することが非常に難しいだろうと僕は思っていました。例えばブログのオフ会という事であれば、ブログの書き手と読み手という距離が生まれますし、そもそもブログを読んでない人は参加資格が無いのでしょうか。僕はそういうのはいまいちよくわかりません。しかもその場合、ブログの書き手の方が主催したり、何か行動を起こさねばならないような気がします。
そういうのは僕は苦手です。

だからこそ最初に、僕は会の名称とコンセプト=理念を決めました。
これは本当に初期に行われ、
・オフ会をやることをハッキリさせる
・日程を決める
・ある程度の参加者をハッキリさせる
・名称、コンセプトを決める
・場所や役割を決める

という流れでした。ある程度の参加者が判明した時点で、すぐに場所を決めたり、何をするかハッキリさせるよりも先に、グループの名称とコンセプトを決めました。
名称の候補は色々出てきました。○○オフとかそんな感じでしょうか。正直なところ僕自身はグループを表現する名称であればなんでもよかったのです。ということで、あまり僕は意見を出さずに、すんなりと決まってしまいました。
そしてこのとき決まったのが、ゲイタンヌーボーという名前でした。これはたけるくんが発案です。(僕は長いから、ゲイタンっていう略称が正式名でいいと思っています)

そしてコンセプトです。コンセプトも、みんながある程度共有できていればいいので、そういう表現になっていればなんでもOKだと思います。
そしてこれは、僕が案として出したのが、おおむね共有されました。今では平易な表現で、「参加者を限定しない」という表現で、おそらくみんなが共有できていると思います。


ゲイタンの特徴的な形態として、ピラミッド構造になっていないことや、主催者がハッキリしないことがあると思います。

例えば一般的には、ある程度回数を重ねるごとに、リーダー格の人が出現するかと思います。その方が色々と都合がいいですし、まとまりやすくなると思います。それは声が大きい人がなるかもしれませんし、リーダーシップにあふれている人かもしれません。人望かもしれないですし。
しかし僕はそういう形態をあまり好みません。これには大きな理由があって、ピラミッド構造の場合、決定権が上位者にゆだねられます。そしてそれが企業であれば、仕方ありませんが、プライベートなつきあいの中でのそういう考え方は、不必要だと考えているからです。
例えば、「輪を乱す」という理由で会に参加させないような強権が可能になってしまいます。もっともらしい他の理由を挙げることだってできるでしょう。無断欠席したとか、遅刻が著しいとか。
しかし僕はそういう決定を、リーダーが行うことに基本的には反対です。またルールも必然的に決まって来ると思います。そしてそのルールも僕は苦手です。基本的には常識にゆだねたいですし、何か問題があって、それがその場で対処可能であれば、そのときに対峙すればいいと思っています。


主催がハッキリしていないというも、大きな特徴だと思っています。今までのイベントの多くは、同じ人が主催していません。毎回違う人が、それぞれの方法でイベントを行ってきました。バーベキューもやりましたし、バーやカフェもやりました。
規模がそこそこ大きいことが多かったように思いますが、そろそろ(案としては)規模の小さいものも出てきているようです。

誰もが主催をできるって言うことは、とても特徴的で楽しそうだと思いませんか?またそれに、主催者に応じて全然雰囲気が違うっていうもありますし。


最近では、ゲイタンという名前の他に、地名が入って○○タンという名前で呼ばれることが多いようです。

近い日程では、
伊勢タン(みかりんさん主催)
横浜タン(かねこぉくん、いちさん主催)
などでしょうか。

ちなみに伊勢に関しては、僕が伊勢神宮に行って、現地の人にかまってもらうだけです。それに、東京や伊勢近辺の方々が一緒に参加してくれるようです。ぜんぜんゲイタンっぽい感じじゃありませんw。
横浜の方はしっかり準備されているので、すごく楽しみです。

※そういえば僕が以前に主催したバーですが、もちろん第2回目やります。日程等まだ未定ですが、前回の黒字を還元しなければなりませんし、必ずやるので要チェックです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2012/01/31 20:00 ] ブログ | TB(0) | CM(1)

ぜひ

ばーまたやって下さい!楽しみです。
[2012/01/31 20:40] 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaokao111.blog136.fc2.com/tb.php/489-aeca08dc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。