過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

> >
年越しの病気。
> >
年越しの病気。
-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2012-01-07 17:47 

年越しの病気。


31日の大晦日、彼と一緒にどこか新年のお参りを行う予定でした。夕食にはすき焼きを食べて、家でのんびりと年を越したらどこか神社に行こうとしていたのです。

31日の20時ごろ、仕事を終えてお肉を買いに行き、そろそろ向かうかなと思っていたところにメールが。「ちょっと伝えたいことがあるから時間のあるときに電話もらえますか?」やや深刻そうな内容のメールが彼から届いたのでした。

このとき僕は色々なことが頭をよぎりました。年末もいつもと変わらないペースで仕事をしていた僕でしたが、ちょっと仕事の方を優先しすぎたかなぁと。たとえそれが後の祭りであったとしても。
そりゃあもう、想像するのは悪いことばかり。初詣に行くどころか、もう会うことを終わりにしたいと。そのような事を言い出しかねないようなメールだったのです。

続いて「今朝から調子が悪かったんだけど夕方ぐらいから本格的に体調が悪くなってきました」と言うメールが来ました。

もちろん、非常にタイミングの悪いことではありますが、仕方の無いことでもあります。
思えば、知り合ってから年末を一緒に過ごしたことはほとんどありません。例年では、彼はだいたい実家に帰っています。おそらく数年間のつきあいの中で、去年が初めて一緒でした。そのときも1日からバイトを入れられてしまったということで、かなりイレギュラーだったのです。

今年はなぜ帰らなかったのかはあまり詳しくは分かりませんが、今年はようやくそういう意味では、自分の意思で一緒に過ごせる時でもありました。

さらにもちろん僕も彼もまだ若いといわれる部類に入ると思いますので、年間を通じてそこまで病気をすることはありません。寝込むほどなのは年に1回から2回ぐらいでしょうか。だいたい彼が0回で、僕が1~2回ぐらいです。

僕が金曜日に寝込むことが多いように、彼はなぜか年末、特に大晦日を挟んだ数日間の間に寝込むことが多いように思います。

たしか知り合って比較的すぐのころ、最初の年末の頃に、体調が悪い、咳が止まらないと言いながらも、バスの予約もあるし、、、ということで強引に実家に帰っていきました。そして実家の方で、病院にかかったと言っていました。通常の風邪であれば寝込んでいれば治るでしょうから、病院に行くほどというのは、かなり辛かったのかもしれません。

数年間の中で病気をしながら迎えるのはすでに2回目です。だからこれからは年末年始の予定は慎重にしなければならないと僕は思いました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2012/01/07 17:47 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaokao111.blog136.fc2.com/tb.php/483-fb635f16


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。