過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

> >
大人の気持ち子供の気持ち。
> >
大人の気持ち子供の気持ち。
-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011-12-22 12:58 

大人の気持ち子供の気持ち。


もう僕は大人になったと言っても問題ないと思います。大人とは何か、というのは非常に難しいことだと思います。年齢というのも基準の一つでしょうし、精神的なものも基準になりうると思います。もちろんそれ以外にも社会的な生活力かもしれませんし、結婚などの環境も基準かも知れません。

そういう意味で、僕はもう大人であると宣言するのは特に問題ないのではないでしょうか。

普段の生活のほとんどを、僕は大人として体験し処理をしています。しかし最近気づいたことで、一つだけ、僕自身がまだ大人になりきれていないことがあると知りました。

それが夫婦生活の話です。
夫婦生活になると、当然夫婦を維持するのは自分たちです。だから自分という個人を優先したときに、結果として家庭や夫婦、子どもが2番目になってしまうことは容易に想像ができます。もちろんそれには不満はありません。しかしどうにも釈然しない気持ちがありました。なんとも表しにくい気持ちで、今まであまりその部分には焦点を当ててきませんでした。

つまり夫婦を考えたときに、夫婦を構成する当事者の気持ちに立つべきなのに、僕はその夫婦の子どもという立場になってしまうのです。

年令と共に、社会的・家庭的に責任のある立場になるにつれて、結婚だったり、浮気・不倫だったりという話を聞くことが多くなりました。

僕はこの時、個人に焦点を当てるのであれば、浮気や不倫は理解できる。という立場です。快楽であったり、マンネリの打破であったり、道徳的なことや倫理的なことを差し置く必要はあるにしても、個人だけに完全に焦点を当てた場合、必ずしもそれを否定することはできないと考えていました。

一方で、家庭や子供などを含めて考えたとき、僕は不倫や浮気は最も避けなければならない行為の一つだと考えています。個人と家庭のどちらが優先されるのかはわかりません。しかし関係性の中でそのような行為は否定されるべきだと考えています。

そして、僕はどちらの意見に近いのか。という話です。ようするに、個人を中心に考えるなら浮気は理解でき、家庭を中心に考えるならそういうのはダメと。

これにずっと悩んできました。不倫はともかくとして、浮気はそのチャンスがあったら・・・というヨコシマな考えが出てこないわけではありません。気持ちという意味では、そのような考えは健全であるといってもいいのではないでしょうか。しかしその場合には家庭を無視していることになります。

一方で、全体的な中ではどうなのか。場合によっては相手の恋人のこともあるでしょうし、自分の恋人が関係してくることもあります。そうなったときに許されることではないと。

不倫の話を聞くと、僕はすごく戸惑います。
それは大人としての立場であれば、大人同士が責任を持って恋愛していることを知っているからです。どのような事情があるのかはわかりません、しかし遊びでないとすれば、それなりの理由があってのそのような恋愛だとわかります。もちろん遊びだったとしても、全然問題ないですし。

一方で、子供としての立場だと、それがどのような理由であったとしても関係者をすべて納得させる方法は存在しえないのではないかと考えてしまいます。
この件は本当に難しいですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2011/12/22 12:58 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaokao111.blog136.fc2.com/tb.php/476-d8aa16fc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。