過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

> >
理想の話。その2
> >
理想の話。その2
-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011-12-15 19:20 

理想の話。その2



※前回の記事も参考に。 >> 2011-03-04 理想の話。

友人に理想について話を聞きました。するととても驚く回答が帰ってきたのです。
理想というのは、反する2つを有している場合があると。

理想なんですから好き勝手言うのは別にいいと思います。
かっこよくて、自分だけを大切にしてくれて、お金も稼いでて、いつでも会う時間を作ってくれて、ご飯が上手で、おしゃれで、会話が面白くて、背が高くて、筋肉があって、夜はエロくて・・・。際限ないその要求は理想なんですから全然OKです。

しかし反する2つの欲求。ちょっと極端ですが、背が高いのがいいけど、低いのがいい。みたいな感じでしょうか。こういう矛盾したイメージを理想とする場合もあるようなんです。これにはとても驚きました。

さらには、限界のない要求というのもあります。慣れということかも知れませんが、顔がカッコイイということで恋愛関係に発展しても、もっとカッコイイ人がいるかも。ということで、浮気とはいかないまでも、つい他の人を探してしまうような。
理想の全部が満たされなかったとしても、顔だけでもということでいい関係になったのに、さらに大きな要求が出てくるというのです。

僕はこの話を聞いたとき、自分の理想というのは、そういう意味ではどれだけ低いのだろうと思いました。違う言葉で表現するならなんて現実的だろうと。僕は彼と付き合ってから、要求が大きくなったことはおそらくありません。最初から要求は(自分が考える範囲で)高かったですし、最初は満たされてない状態=妥協していましたが、彼はすべて満たすようになりました。それは何度か書いていますが、ヒゲ・歯・料理が中心です。

という話を友人にすると、「んなこといっても、あんたは彼で妥協してないじゃん!」と。
確かにそうです。僕は今までの彼の中で、少なくとも一番理想に近い相手でした。当時若かった僕はまだ理想を追えるギリギリの立場だったのです。

理想。とても難しいことだと思います。妥協をすることが直接の不幸を招くことはありません。(そもそも理想なんて非現実的だ!) 逆にそれを追い求めすぎる方が不幸を招くことに繋がりそうです。
前回も書いたので重複しますが、理想は高いほうがいい!それはそうだと思います。しかしそれを追い求めすぎると、幸せを逃してしまうのではないかと思います。
そして僕の場合、僕は理想がかなり現実的だった。というのは友人の話を聞いて気づいたことです。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2011/12/15 19:20 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaokao111.blog136.fc2.com/tb.php/470-4e908dd6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。