過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

> >
束縛するんですか。という質問に対する僕の回答
> >
束縛するんですか。という質問に対する僕の回答
-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011-12-12 23:00 

束縛するんですか。という質問に対する僕の回答


束縛について、まだ僕の意見を表明していなかった気がする。ということでこれについて。

僕はかねてより、おとなしくてマジメな人が好きだということを書いた。友人などはいないぐらいの方がいいと思っている。

それを非常に端的に表現するのが、「飲み会などに参加しない人がタイプ」と言うことである。すると、結構な確率で言われることがある。「束縛するんですね」と。

結論から言ってしまうと、僕は束縛することが大嫌いである。だから何をしてはいけないという形での束縛は絶対にしないし、今までもしてこなかった。誰かの何かをコントロールしようとする気は全く無いし、それは何かにつけて僕が表現している一貫した主張でもある。

しかし交友関係が広ければ心配なのは事実である。だから答えは一つしか導けない。
交友関係が無い人、場合によっては築けない人と付き合えばいいのだ。そうすればその人が自由に行動する=誰とも知り合わないということが成り立つ。

だから難しいとも思っている。じゃあ僕とどうやって知り合うんだ。と。それも含めて、かつての僕は誰かと付き合うことを諦めた。第一なにもアピールしなければ、絶対にモテない。だからどうしても活発になってしまう。かわいい子だったらなおさらだし、僕のようなブサイクだってがんばっている。だからおとなしい子というのは絶滅してしまう。

たまにいるかもしれないおとなしい子も、おそらく僕の所属するようなコミュニティでは知り合う事さえできないだろう。だから僕の思っている理想像と付き合うことはほぼ不可能であった。

結果的に、束縛と同じ状態になっているかもしれない。ただ重要なのは、それは僕が望んではいるが、強制はしていないということ。誰かと楽しく過ごした方が楽しいという大多数の人の意見だってあると思う。そしてそれは事実でもある。しかし一部の人は、そういうことが大嫌いで、一人で過ごしている方がよっぽど楽しい思う人もいる。そういう人との方が僕は気が楽でもある。


なお、束縛というほど強制じゃなくても、お願いという自主性にゆだねる方法を取ることはよくある。「ダメとは言わないけどイヤだと思っている」そのように主張するだけで、たいていのことは相手が受け入れてくれるのは経験談から。
ただ以前にも記事で書いたけど、いくつかの重要なお願いのほかは何も言わないように気をつけている。

だから僕は束縛をしないタイプだと主張しても問題ないと思っている。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2011/12/12 23:00 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaokao111.blog136.fc2.com/tb.php/468-68da90e5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。