過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

> >
遊んでそうという評価
> >
遊んでそうという評価
-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011-12-13 23:00 

遊んでそうという評価


飲みの場所で話をすると、おとなしくしているときや仕事の話をしているときは、僕はおそらくマジメだと思う。それは自分で言ってもたぶん違和感が無いし、周りもそのように受け取ることに異論は無いと思う。

しかし仕事を離れてのそういう時、僕はまったくいい評価をされない。必ず遊んでそうだと言われてしまう。

なぜ僕が遊んでそうという評価を受けるのかは全く分からない。例えばそれは、人見知りをせずに色々な人に声をかけることができているからなのかもしれないし、楽しそうにしている部分を見てなのかもしれない。

しかし実際のところ、僕はこのブログに書いている通りの性格だし、ツイッターでつぶやいている通りの性格である。若干めんどくさくて、自分勝手な感じ。

遊んでそうという評価がいい評価だとすれば、それはとてもうれしいことだと思う。しかし実際には、その言葉にはいいこと意外の評価が含まれているのではないか。
楽しそうとか、トークがおもしろいとか、そういうことであれば。しかし実際には「ヤルことしか頭にないんでしょ」みたいな印象。

表現のパターンというのは、どうしてもワンパターンになりがちで、トークがあまり好きではない僕にとって、いくつかのおもしろくするための王道のパターンがある。だからついそれを多用してしまう。だからこそ、すべての人が僕のことをそのように評価することにつながっている。だからトークのパターンを変えた方がいいのかもしれない。

色々な人の話のパターンを聞いて、とても参考になることがある。それが笑いという意味のおもしろさではなくても、人柄が出るようなおもしろさというのだろうか。しかし僕の性格とは違う部分もあって、なかなかその手法をパターン化できていない。
あと、僕の尊敬する人が笑いのパターンの人だったから、その人を真似てしまっているということも大きい気がする。

もちろん遊んでそうという評価だとしても、それは活発とかそういう意味で、いい方に受け取ればいい。実際僕が遊んでそうだとしても、本当に遊んでいなければ全く問題ないわけだし。
どのような印象を持って欲しいのか。という部分についてコントロールする気は無い。だけど、やっぱりいい印象の方がうれしいので、がんばろうと思いました。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2011/12/13 23:00 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaokao111.blog136.fc2.com/tb.php/467-10b4420e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。