過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

> >
興奮の部位。
> >
興奮の部位。
-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011-12-07 23:00 

興奮の部位。


男女で共通しているパーツに興奮を覚える。
特徴的なパーツはもちろん興奮の材料だし重要な役割はあるがそれでも一番ではないような気がする。

かねてから書いているように、歯がまずは一番。次にはどうだろうか。体型っていうのもあるけど、腰のくびれとか腹筋周りのすっとした感じは好き。
背中とか首筋の、いわゆる性的な部分とは直接結びつかないような場所が気になって、(もちろん下着のチラっと見える要素なども含めつつ)後半になって、いわゆる性器そのものが興奮の材料となるのである。

そしてとても象徴的なのが、胸。男性も女性も持っている器官だが、見た目が大きく違う場所。それが胸なのである。

僕は女性のふくらんだ胸は大好きである。別に大きい必要は全然ないけど、とにかく女性らしさの部分で、唯一に近いぐらい惹かれる。
もちろん男性の胸も、それをどのように表現したらいいのか分からないけど好きである。

色々な話を聞くと、女性の身体にはまったく興奮しないという話を聞くことがある。僕は本能として、反応しそうな気がするんだけど、女性のそれにはまったく反応しないらしい。事実確かに女性と初めて行為をするようになったとき、結局反応しなくてできなかったという話は、ゲイにとっては珍しいことではない。だからたぶん反応しないのは本当のことなんだと思う。(ちなみに男性は些細なことで反応しなくなるので、最初や最初の頃の反応の無さがすぐにゲイに結びつくわけではありません)

そういう人の場合、胸はどのように考えるのだろうか。もちろん膨らんでいればそれだけで、違うモノとして理解はできる。実際その通りだし。だけど器官としては同じ気がする。僕の場合はあまりふくらみのそれは気にならない。
むしろ乳首の大きさは、男女で全然違うので、そこは正直なところ違いを意識せざるを得ない唯一に近い部分だと思う。


お尻のラインというのもなんだか難しい。男性の場合のそこは僕はあまり興奮の要素にはならない。女性がグラビアなどでお尻のラインを強調しているのは、とてもすばらしい光景だと思う。しかし同じことを男性がしてたとしても、もちろん同様にすばらしいとは思うが、なんというかそこまでの興奮は無いように思う。

何となく、女性の場合は静止でも絵になるのに対して、男性の場合は動きが感じられた方が、躍動感があった方がより自然に興奮的な要素として見られるのかもしれない。

かわいいという要素は、男女に共通である。でもきれいっていう要素は男性を見る視点では生まれない。逆にかっこいいというのもそう。
だから女性的~男性的という数直線があった場合に、僕はその中間が好きになるって言うことだと思う。
女性的-----[-----+-----]-----男性的 僕が好きになる範囲
きっと僕の恋人は
女性的----------+[----------]男性的 彼が好きになる範囲

ってことなんだと思う
タイプとしての範囲が広い・狭いというのはあると思うが、もし連続的な部分ではなくて、距離の離れたタイプを好きになるというのはあり得るのだろうか。

もはや疑問はつきないのである。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2011/12/07 23:00 ] フェチ/好み/タイプ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaokao111.blog136.fc2.com/tb.php/462-2f99c2b4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。