過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

> >
過去の恋愛から、将来の恋愛を推測するときの僕の考え。
> >
過去の恋愛から、将来の恋愛を推測するときの僕の考え。
-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011-11-30 17:44 

過去の恋愛から、将来の恋愛を推測するときの僕の考え。


新しい何かが始まる時、それが一番最初でない限り、必ず過去の経験がある。例えば家などは、新しい家に引っ越す前、過去に住んだ物件というのが必ずある。一人暮らしは初めてだったとしても、「家に住む」というくくりでは、初めてではない。
だから一人暮らしということで戸惑うことが多かったとしても、家に住むということでは、過去の経験があるので、戸惑うことは無い。

仕事だってそう。最初の仕事ならともかく、転職であれば、過去に何年間どんな業務に携わっていたのかを知ることは重要である。


そして恋愛もそう。
過去にどんな人とどれぐらいの期間付き合ったのか。そして別れた理由は何なのか。それを知ることはすごく重要なことだと思う。

今まで短期間で終わるような恋愛ばかりしていた人であれば、きっと今の恋人とも長くは続かない可能性がある。残酷かもしれないけど、それは長期的にも当てはまる可能性がある。
1-3年での破局の場合は、その理由をしっかりと確認する必要がある。
5年以上での破局の場合は、慎重に理由を探る必要がある。


僕は短期間の恋愛が多い場合は仕方が無いと考え、期間が長くなってから別れる過去があると、その恋愛は慎重になるべきではないかと考えるようになった。

前にも書いたが、短期間はあらゆることが別れる理由になる。メールの頻度とか電話の回数とかもそうだし、距離的なこともそう。
だから短期間で別れるような恋愛は、お互いの何も知らない状態なので、とりあえずは仕方が無い。

一方で、1年以上続いてからの破局の場合、その理由を慎重に考えなければならない。
なぜ1年という、これから長期の恋愛を目指すべき重要なタイミングで破局してしまったのか、多少の我慢が1年間継続していたとしても、1年も継続できたのだから、きっとさらなる継続も可能だったと思う。しかし我慢の限界が1年だったのか。我慢以外の心変わりだったのかもしれない。
そういう別れるほどの変化というのは、次の恋愛でも同じように迎えることになる。例えば1年付き合った恋人と、何となく「飽きた」という理由で別れた場合、今付き合っているあなたは、同じく「飽きた」という理由で別れを迎える可能性がある。もちろんすべてでも無いが、可能性の一つではある。

ただし大切なのは、そういう理由での別れも決してネガティブではないということ。1年で終わりを迎えられたのであれば、次を探すチャンスはまだまだある。そのように考えることもできる。それにくだらないと思うような理由で別れるのは、せいぜい1年前後までだろう。


さらに長い期間の場合。ここからが難しい。というよりも僕には想像しがたい。
長期でのつきあいの結果に別れるとなった場合、そしてそれはおそらく、その人の本質である可能性が非常に高い。1年以下のつきあいと大きく違うのは、通常の別れる理由はすべて乗り越えることができているからである。
例えば飽きを理由に別れることは、数年も付き合っていれば考えにくい。だって、飽きるならもっと前に飽きているはずだし。

だからもうどうにもならないようなことを理由にでしか、別れることが無いのではないかと考えてしまう。
例えば金銭的なこととか、暴力とか。浮気癖かもしれないし。何の理由だとしても、その理由はその人の最後に残る部分だということ。色々なことを魅力と考えて、だから長期に恋愛ができて。でも唯一それだけが我慢できなくて、やっぱり別れを選択した。その可能性が非常に高い。

そしてリカバリーも大変。長期で恋愛をしていると生活の色々なところに影響が出ている。好きな食べ物とかレイアウトとか、服とか好みとか。そういうことをすべてリセットして、次の恋愛に踏み切るには、すごく大変な労力が伴う。
だから僕は、過去の恋愛を聞いて、もし長期に付き合った結果として別れたという話を聞く場合には、なんとも心がもやもやしてしまう。

長期の恋愛は、幸せな時期が長く続く一方で、それが破綻したときの影響もまた非常に大きい。
[ 2011/11/30 17:44 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaokao111.blog136.fc2.com/tb.php/456-fb833e1e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。