過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

> >
とりです。(今日は彼の記事)
> >
とりです。(今日は彼の記事)
-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011-04-02 10:00 

とりです。(今日は彼の記事)


はじめまして、かお。の彼氏です(^^) 名前を何にしようかと考えましたが、かお。に一言、「「とり」でいいじゃん」と言われたので「とり」にしようと思います。たぶん僕が鳥好きだからという安易な理由だと思います(;^_^A

「何か記事を書いて!」とかお。に言われてから随分時間が経ってしまいました。僕はブログもやったことがないし、何かお題がないと書けない人なので、いろいろ迷ってるうちに数ヶ月経ってしまって…まぁ要はめんどくさかったんです(・∀・)

さて、初めての記事としてはやっぱり自己紹介が適切だと思いますので、僕のこれまでの人生についてちょっと思い出してみようと思います。それにあわせて、普段絶対に言えないかお。に対する僕の想いも、この機会に伝えておこうかな(´▽`)

かお。が既に書いているかも知れませんが、僕は大学進学とともに東京に出てきました。実家は新潟の田舎町で兼業農家をやっています。ど田舎ではないけれど、周りには田んぼと畑しかないのどかなところです。夕日が世界で一番きれい!

新潟時代は僕の人生の中で特にうすーい部分で、おそらくみなさんが最も濃密な時間を過ごしただろう中学・高校時代に関しては、あまり思い出がありません。多少誇張している部分はありますが、人生で一番うすい時期であったことは間違いありませんね(-_-;)

なぜそんなにうすいのかと言えば、おそらく僕があまり友達を作らなかったからだと思います。このころから僕は人と付き合うのがめんどくさいと思うようになりました。誰かと話すことにストレスを感じたし、なにより自分一人でもわりと何でもできたので、誰かの助けを必要とすることがなかったんです。人生なんて一人でも生きて行けるんじゃんと余裕ぶっこいてました♪~(´ε` )

でも東京に出てきて本当に一人で暮らすようになったときに、だんだんと立ちゆかなくなってきました。友達を作るという人として基本的なスキルがなかったので、大学ではほとんど一人でしたし、もちろん家に帰っても誰もいない…。そんな生活を送っていると、自分が何のために生きているのかわからなくなってきちゃったんですよね^^;一人でも生きていけるけど、意味がないんじゃないかと…。

そんなこともあり、大学にも行かなくなってヒッキーじみた生活を送った挙句、大学は留年してしまいました\(^o^)/オワタ

そんな時にかお。と出会いました。性欲はあったのでゲイとして誰かと絡みたいという気持ちはあった訳です。僕のコミュニケーション能力不足が災いし、最初は結構ケンカというか衝突もありました。でも僕の人生の中で、こんなにも楽しい時間はなかったんじゃないかと言うくらい毎日が輝いて、充実していました。ちゃんと学校にも行けるようになったし、なによりすごく大事なことを僕に気づかせてくれました。

それは、人は一人でも最悪生きてはいける。でも人生に意味とか幸せというのがあるとすれば、それは誰かとの繋がりの中にしかないんじゃないかということです。新潟時代にはそれが家族との繋がりであったと思うし、今はかお。との繋がりの中に人生の意味を見出しています。友達は相変わらず少ないけど、研究室でもバイト先でもみんなとわりと仲よくやっているし、かお。と出会えたことは僕の人生に大きな変化をもたらしてくれました(*^_^*)カンシャ

ちゃちゃっと書いちゃうつもりだったのに、なんでこんなに長くなったんだろ( ;゚д゚)みなさんこれからも僕の大切なかお。のことをよろしくお願いしますね!m(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加していますのでよろしければクリックをお願いします↑
[ 2011/04/02 10:00 ] カップル(彼関連) | TB(0) | CM(14)

「かお。さんとの繋がりのなかに人生の意味を見つけた」
そう思えるって素敵ですね。
かお。さんもとり。さんのこと、理想の人って言ってるし、お互いが想いあっててとても微笑ましいです。
末永くお幸せに。
って、結婚式のお祝いの言葉みたいだ♪
[2011/04/02 10:18] 編集

お兄さんは泣きそうです…(う。とり君にしたら、もうおじさんの域か)
夕日がきれいな新潟の景色。僕も田舎の田んぼ沿いが中学の通学路だったので懐かしいよ。ランニングと称してあぜ道を走っちゃ、後輩を水田に突き落としてました。(反省)

互いに大切な人に出会えるということは、なんて幸せなことなんだろうね。その絆を、しっかりと離さずに。

今回。絵文字というものを勉強しました。
なるほど。かおさんが絵文字に萌えるという訳が、よく解りました。ふふふ。
[2011/04/02 11:27] 編集

おっと

絵文字じゃなくて小さい字でしたか。勘違いしてごめんなさい。
いやでも、きっと彼の全てが愛らしさの対象なんですよね?

ふと思ったこと。
かおさんもとり君も、文章の流れが似ていますね。
考え方等は違っていても、話のリズムやテンポに重なりがあるのかな、なんて感じました。

新しい冷蔵庫。今度はちゃんと冷えてます???
[2011/04/02 12:06] 編集

顔文字をふんだんに使わはるところから自分の持つ理系に対するイメージ(偏見)が変わりました。いい意味でです^^
[2011/04/02 17:16] 編集

いいですね

はじめまして。

素敵な文章ですね。

さすが、かお。さんの彼氏さんだー。
幸せな感じがひしひしと伝わってきます。

是非、また書いていただきたいと思います。

かお。さんの別の顔が覗けたら…最高です。
[2011/04/02 18:56] 編集

初めまして、とりさん!

すごいですね。幸せがにじみ出てる。

こんなふうに、書いてもらえるなんて、かお。さんは幸せな人ですね。

[2011/04/02 18:58] 編集

愛。

はじめまして。

-人生に意味とか幸せというのがあるとすれば、それは誰かとの繋がりの中にしかないんじゃないか-

まったくの同感です!!!

お二人は幸せものだなぁ~~
これからも二人の愛を増幅・拡大・蔓延wさせて
周囲を愛で染っていってください。
[2011/04/02 21:44] 編集

ごぶさたしていますm(__)m
田んぼに沈む夕日もいいですが、是非日本海に沈む夕日も見に行ってください!
顔文字あるとblogの雰囲気も変わりますね、適度なAAは好きです!
またいつかお会いできる日を二人とも楽しみにしています。。
[2011/04/02 22:15] 編集

お互いを想いあう文章って なんて素敵なんでしょう。
読んでるだけで幸せな・・・あたたかな気持ちになれます。
[2011/04/03 00:42] 編集

はじめまして。
彼氏君の登場にびっくり!
世界一の夕陽の写真、美しいですね!

誰かとの出会いによって人生観が変わる、そしてその出会えた人にまっすぐに感謝と愛情を向けられるというのはとても素敵な事ですね。

今までも、かお。さんのエントリーからかお。さんがとりさんの事をとても大事に思っているのは伝わってきましたが、
今回とりさんの出現でお二人の相思相愛っぷりが良くわかりました。
末長くお幸せに!

ところで上記コメントでもkunntaさんが触れていましたが、私もかお。さんと文章の印象が似ているな、と思いました。
[2011/04/03 15:18] 編集

いつも素敵な風景の中にいますね

はじめまして。

雪の写真、夕日の写真、素敵ですね。夕日の写真はかお。君がとり君の「お気に入りの一枚」を撮ったときのものかな。空気が同じ気がします。

人生の醍醐味って、確かに人との出会いにありますよね。かお。君との縁を大切に♪ 

ちなみに、私も普通なら当然気づくようなこと(冷蔵庫が壊れたとか)でも気づかず、周囲に指摘されて、「なんで気がつかないの?」と呆れられるタイプです。なんでといわれてもなんでかわかりませんが・・・気にならないことはどうでもいい人間なんでしょう(笑)。

文章から受ける印象・・・私にはかお。君とはだいぶ違うように感じられます。起承転結がきれいに展開していて、筋(つまり結論に至る主張)に飛躍や破綻がなく、論理性を重んじる性格という印象です。人の印象ってホント、さまざまですね。

今後もどんどん登場してくださいね。待ってますよ♪
[2011/04/04 10:22] 編集

はじめまして

いつもブログを拝見しています。
やっととりクン登場ですね。
かお。クンとの出会いが転機となったんですね。
画像を見ることが出来ませんでしたが、見られる環境になったらゆっくりと拝見したいと思います。
近いうちにまた再登場されることを期待します。
[2011/04/05 06:59] 編集

当記事に関するコメントは、とり。に書いてもらいたいと思いますので、お待ちください。
[2011/04/06 16:32] 編集

コメントへの返信が遅くなりまして申し訳ありません。彼が「やっといて」ということなので、当初の予定とは異なり僕の方で返信をいたします。

> ミカリンさん
人生の意味を見つけられるほどのことは特に何もして無いんですが・・。でももし僕のこの細かい性格が相手にとっていい方向に変えられたのでればとてもうれしいです。

>kunntaさん
アスファルトとビルに囲まれて育った僕には、懐かしさが全然ないんですよね。。大切な人に、とてもいい時期に出会えたことはとてもすばらしい事だと僕も考えています。絵文字もいいですが、小さい文字もいいですwそして彼はさすがに小さい字は使いません
文章の流れが似ていますか・・・。
彼の書いたちゃんとした文章を読むのが初めてだったので、僕はとても驚いています。
そして冷蔵庫はまだ買ってないんです!

>wsさん
ほんとこの文章での顔文字はなんなんでしょうねw僕も文章の構成力と絵文字のギャップに戸惑っていますw

>jugonさん
彼はきっと次に書くのはずっと後ですねwとても苦労していたようですからw
何かネタがあればお願いしてみます。

>ゆず茶さん
はい。とても幸せですね。普段の生活には微塵もにじみ出ていないことに驚きです。

>aki5さん
僕たちはそこまでラブラブな感じじゃないんですよねw。文章で伝わる僕たちと実際の僕たちのギャップでしょうか。。まあでも仲がいいのは事実です!

>しゅー吉さん
すばらしい文章すぎて、一気に人気記事になってしまいました・・。僕の今までの半年の努力が・・。

>ガルバンゾさん
文章が似ているんですかねー。おそらく理系の合理性なのかなぁ??普段は僕たちが文章を交わすことはまずまず無いので似るはずが無いんですよね。思考回路も全く別ですし。。どういうことなのでしょうか。
とりあえず相思相愛っぽいので救われましたw

>sawakichiさん
写真は両方とも僕がとりました。夕日はおすすめということで、最初に彼の実家に遊びに行ったときに撮ったものです。空気なんてあるんですね・・。
理系の彼にとっては、きっと sawakichi さんのような印象の方がうれしいんでしょうね。彼曰く文系の文章は冗長だ!ということらしいので。

>KAZUさん
画像はあまりたいしたものではありませんよ。彼にはちょっと出番が少ないぐらいがちょうどいいのだと思っていますw。しかしみんなが暖かく受け入れすぎで大変驚きました。
[2011/04/14 10:05] 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaokao111.blog136.fc2.com/tb.php/208-f6552cf6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。