過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013-08-14 18:52 

1番であること。



恋愛をするときに、恋愛が何にも優先して一番だという人がいる。一方で、恋愛よりも優先するべき事があると考えている人もいる。それはどのように考えるのが適切で、より幸せになり得るのだろうか。


僕自身のことでいれば、まだ恋愛の経験が乏しかったり(今でもそうですが)、色々な事に興味を持っていたり、恋人が本当に現れるのだろうかと思っているようなとき、優先するべきは恋人よりも他にたくさんあったように思う。

例えば友人との飲み会というのは、とても重要だった。またもし「ちょっといい人」がいたとしても、新しい出会いを広げるのは、とても重要であった。それは人脈を・・という表現を使う事もあるだろうし、単純に恋愛の可能性だけを言うのであれば、「ちょっといい人」は無数にいた方が成功する確率が高まるからだったもしれない。
そしてもちろん、学生の時には学業もバイトも重要だったし、働くようになってからは仕事も重要であった。
場合によっては、家族とのイベントを大事にする場合もあると思う。


どれが一番、もしくは最優先させるとハッキリ決めることは難しいかも知れないが、恋人の優先順位というのは、友人との行動と同等か、場合によってはそれらよりもやや劣っていたかもしれない。

個人的には、しかしこれらはとても重要なことだと考えている。○日は○○があるから会えない。そういった理由で会う回数が制限される場合、もちろんお互いの普段のスケジュールについては、最大限尊重するべきだと思う。わがままを押し通すようなことがあってはならないし、都合が合わないことがすぐに悲観的な要素にはならない。

しかし調整もされずに会えないという選択は、関係性の重要な意味を持つように考えている。○日はだめだけど、○日なら大丈夫。そのような代替案を出すのは半ば常識のようにも思うし、代わりに電話をマメにするようなことが代替性をもつかもしれない。
つまり会えない事が問題と言うよりも、そのようなこと、、、会うことやコミュニケーションの努力を行わないこと、が問題だと僕は考えている。

もちろん電話やメールが苦手ということは十分にあり得る。僕自身がまさにそれで、会わない・会えないという事になれば、おそらくすぐに疎遠になるだろう。それは心が疎遠というよりも、距離を縮めるための行動をすぐに怠る僕自身に原因がある。しかしいくら心が離れてないと主張したところで、その行動が伴わなければ、それを認めてもらえないのは仕方が無い。
もちろん、恋人が一番だから電話をするとかメールをするとか、そういうこととはまた違うのが難しい。

仕事も重要である。僕の場合、恋人と過ごす時間は最大限調整をする。といっても土日が概ね休みである僕たちは、あまり調整ということはしなくても大丈夫ですが。
場合によっては、仕事は恋人よりも優先されるときがある。特に経済的な困窮は僕は絶対にイヤなので、もしそれとトレード関係になるのであれば、僕は恋人よりも仕事を優先することになる。とくに知り合ったときは、僕は仕事が不安定だったので、そのように考えることが多かった。「遊んだときに、少しぐらい多めに出してあげられるぐらいの余裕がないのに、気軽に遊んだりなんてできない」直接的にそのような表現はしなくても、それに近いことは言ったかも知れない。たぶん彼は「そんなことは関係無い。そんな理由で会う回数が減ったら意味が無い」って言いそうです。

仕事やプライベートを優先する人は、いつまでたってもその優先順位は変わらない。
恋人関係が長期にでもならない限り、「恋人優先」とする生活にはリスクがある。恋人を優先するようになって、もし破局を迎えた場合、どうすればいいのか。今までは恋人がいたからあんまり遊べなかったけど、別れたから、また昔みたいに頻繁に遊ぼうね!そういうことをしない人が多いのではないか。

だから長期的に恋愛をして、少しずつ恋人が優先されることになる。しかし当然、少しずつなので、嫌気がさしてしまう事も少なからずあるのではないか。

あまり気にしない。そういう場合もあると思う。僕は遠距離恋愛については、あまり実感がないので何とも言えないけど、近距離にいる遠距離恋愛のようなものだろうか。会う回数が少ないことは気にしないのはいいけど、僕だったら優先順位への考え方に疑問を持つ。

また、会う回数が少ないというのは、距離を縮めるチャンスが少ないとも言える。たくさん会えば、良くも悪くも相手の色々な部分が見えてくる。いいと思えるところもあるだろうし、我慢しなければならない部分もあると思う。これが短期間のウチに見えるのであれば、今後の対策も練りやすい。しかしある程度の期間が過ぎてから、イヤな部分が目についたとしたら、それをそのときに乗り越えるのは、覚悟がいるかもしれない。


もちろん頻繁に会いすぎるのもアレなので、適度な回数を会うことが僕はとても重要だと思う。その回数というのは、できれば週に1回。それが叶わなければ2週間に1回だろうか。
何もすることなくてちょっと会うのはアレだなぁと思うような時にでも一緒に過ごせるような関係になれば、あとはきっとうまく続くのではないか。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2013/08/14 18:52 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。