過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2012-04-10 10:38 

イケメンはいい恋愛をするのが難しいかもしれないという話。


全くの憶測だけど、合っている部分もあるのでは無いかと僕は考えている。
かわいい子はいい恋愛をするのが難しいのでは無いかと考えている。いくつかのそして非常に単純な理由がある。

イケメンの場合、
・モテるので自分から行動することが少ない。
・様々な人から声をかけられるので、判断基準が難しい
というのは一般的だと思う。

最初から詰んでいるといったら言い過ぎかもしれないが、それぐらい難しいというのが僕の率直な意見。

自分から行動することが少ないというのは、たとえすごく好きな人ができたとしても、それを成就するための手段を持たないに等しい。もちろん稚拙な方法であっても、イケメンであれば単純に成功率は高いかもしれない。しかしそうであるならば、それを最大限に生かす方法を持っていた方がさらにいいと思う。

様々な人から声をかけられるというのも大変なことだと思う。
イケメンを口説く人というのは、ブサイク~同レベルのイケメンまで様々だと思う。それぞれの思惑があって、ブサイクの人だったらもしうまくいけばラッキーという感じになると思う。
そしてブサイクな人は、場合によっては口説きのテクニックを持っている場合もある。もちろん顔だけじゃなくて性格も重要な要素なので、一概には言えないとは思う。顔だけに焦点を当てた場合にはそうだろうということ。

イケメンから口説かれる場合も難しい。相手がイケメンの場合、当然相手も色々な人から口説かれているだろうし、出会いも相対的には多いだろう。そうだとした場合に、自分はその他大勢になってしまう可能性もある。

この業界では、なかなか自分の顔のランクを超えて付き合うことは少ない。せいぜい1ランク上下するぐらいだろうか。Aランクの人とBランクの人が付き合うことはあるかもしれないが、AランクとCランクが付き合うというのは、あまり見かけないように思う。

じゃあどういった人とつきあえば幸せになるのか。その答えは非常に悩ましい。
まずは相手のランクを必要以上に落とすのはどうかと思うし、だけど性格は長期的な恋愛を指向するならば、非常に重要な要素でもある。
だから結局言えることは、ちゃんと相手の性格を見極めろ!ということになる。性格と顔のランクが絶妙なバランスの人が、本当にいい人なのでは無いかと僕は思う。

※もちろんタイプとか好みとか色々な要素を含んでいるので一概には言えません。ただし考え方の方向性として、僕はこの話はとても重要だと考えています。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2012/04/10 10:38 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(1)
2012-04-14 15:47 

色々な人と付き合うことが幸せにはつながらないのではないか。


若いうちは色々な人と付き合えばいい。そのような話を聞くことがある。僕は半分賛成だけど、半分は反対なのです。

色々な経験を積むことは通常プラスに働く。熟練するというのは、判断の時に誤りが減るし、その判断も非常に速くなる。過去のパターンにある程度当てはめ、最適な行動を取ることができる。

しかし恋愛においては、その豊富な経験や迅速な判断力はむしろマイナスになるのでは無いかと思うのである。

あまり恋愛経験が豊富だという人の話を聞いたことが無いので想像になってしまう。だけど、例えばありがちな例としては、経験とともに好みが細分化されるのではないか。
一緒にお酒を飲んで楽しいのは○○くんだけど、身体の相性は○○さんみたいな感じ。
過去をひきずるなんていうことでは全く無いけど、それでも比較は行われると思う。特に性的な経験は記憶に残りやすいので、不満として出てくる可能性も強い。

そういう意味では、不動産の物件探しに非常に似ている。
物件を探す際には、妥協できるところと妥協できないところをハッキリさせることが重要である。駅からの距離、築年数、バストイレ別、広さ・・・などなど。少しぐらいの不満には目をつぶり、本当に重要な部分を優先するべきだという事である。

恋愛も近いのではないか。
色々な人との恋愛というのは、数多くの引っ越しをすることと一緒だ。一度選んだ人であれば、いい部分も悪い部分も含めて一度じっくり向き合う必要がある。そして向き合っていれば時間もかかるので、恋愛の経験数は当然減る。これはいい方向のスパイラルを生むと思う。
一方で、すぐに見切りをつけている場合、努力でカバーできる色々な事を放棄しているように思う。もちろん物件と一緒で、さらにいい条件の物が見つかる可能性はある。しかしよりいい物件といっても、条件が大幅に変わらない限り(払える家賃の条件が挙がるのであれば話は早い。しかし諸条件が固定的なままであれば、駅からの距離を妥協して、広さを確保するなど、結局差し引きゼロである)今までの物とそう大きくは変わらないだろう。

だったらじっくり向き合うことはそんなにマイナスでは無いと思う。


少ない経験の中から、限定された情報の中での選択の方が、本当の幸せであるかどうかは別として、得やすい幸せであることは事実であるように思う。もし他の人と恋愛をすればもっともっと幸せになる可能性は常に存在する。だけど、それが実現する保証はどこにも無い。だったら夢など見ずに、今目の前にある幸せをより高める方の努力の方がよっぽど現実的だし、それができたときに、本当の幸せになるのではなかと僕は思う。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2012/04/14 15:47 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。