過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2012-02-01 09:00 

ゲイタンぞくぞく。


ゲイタンのお知らせです。

横浜タン 公式ブログ。
2/25-2/26で横浜で開催です。
主催者の方は、かねこぉさん、いちさん、のりさん、YOUさんでしょうか。←ご指摘ください。


伊勢タン
2/18-19
主催者はみかさんです。


横浜のは公式サイトをご参照ください。宿泊もあるようです。
伊勢はあまり大々的に宣伝していません。僕が伊勢に行きたかったので、みかさんが連れて行ってくれるようです。と、言ってたら何人か集まりましたw。もし興味のあるかたは連絡ください。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2012/02/01 09:00 ] ブログ | TB(0) | CM(3)
2012-02-07 14:14 

夫婦箸


ちょっと前の事ですが箸を買いました。
この箸は、夫婦箸という感じのセットだったと思うのですが、大小の2セットが入っていました。
2011-09-21 性的な相性(やや性的な表現が含まれます) この記事で掲載している写真の箸です。

長い箸と短い箸。さて、僕と彼のどちらが、どっちを使うのでしょうか。
僕は役割を主張して、僕が大きな箸を使うべきだと言ったのです。
彼は身体の大きさを主張して、彼が大きな箸を使うべきだと主張しました。

男女としての役割、そういうものは厳密に言えば無いのかもしれませんが、例えば比較的家事をするのは彼ですし、洗濯も掃除もそうです。(僕の家はやってもらいませんよ)

ってことは、もし男女の夫婦であれば、夫婦箸の大きな方は、きっと夫が使う事になるでしょうし、とくに異論は無いでしょう。

ここで問題なのは、男女の夫婦であればたぶん身長などは男性の方が高いだろうと言うことです。ってことは、身体のサイズが大きいってことで、箸のサイズを使い分けている可能性は考えられます。

僕よりも背格好の大きな彼は、「あんたは手がちっちゃいんだから小さいのでいいでしょ」そのように言うのです。確かに僕は背も低いですが、手の小ささにも定評があります。だから大きな箸じゃ無くて小さいのでもいいじゃん。と。

そのように言われて、僕はたとえ屁理屈だったとしてもそれに反論する言葉が思い浮かびませんでした。

結局僕が、小さい箸を使うようになりました。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2012/02/07 14:14 ] 日常 | TB(0) | CM(1)
2012-02-13 20:09 

ダイエットの挑戦


ぺらさんが、体重について記事を書かれていました。 食事がキモかそれとも運動か / (アタシにとってだけの)緊急速報
いわく最近太って来たと。

僕は友人に痩せるようにアドバイスすることがよくあります。痩せたら少なくとも今よりはモテる。というパターンが多いかな。

他人に意見をしていながら、申し訳ない気持ちがあります。僕自身も人に言えるほどではないのです。
かつて、おそらく去年の夏ぐらいだったと思いますが、がんばってダイエットをしました。そしてそのときには、そこそこ結果が出て、理想とする50kgにだいぶ近づいたように記憶しています。

しかし年末に向けて、忙しいのやら何やらで、結構太って来てしまったのです。そして今現在は55kgぐらいでしょうか。


僕の場合、太ることは単純に食生活と運動です。しかも太り始めてたときに怖いのは、痩せているときはちゃんと鍛えているので、多少の筋肉があります。
太り始める時は、まず運動量が減ります。なので筋肉が減ります。そして食生活は変わらないか微増なので、脂肪が蓄積されるようになります。このとき、筋肉の減少は若干の体重減少を含むような気がするのです。

つまり今の55kgというのは、筋肉が落ちて、さらに脂肪がついているので、筋肉が維持されたままの脂肪、、体重だとすれば、57kgぐらいには相当するのではないかと勝手に思っています。

僕がダイエットを始めるときは、ほぼ必ず1-2kg増えてから減り始めるので何となく正しいのでは無いかと。


一人でチャレンジしてもいいのですが、ここは他人と比べることによっての相対的な目標があったほうが、よりやる気が出ると思いました。ということで、勝手にぺらさんよりもより減量できるように、目標(ベンチマーク)の対象とさせてもらうことにしました。

2ヶ月ぐらいかけて、3-5kgぐらい痩せることを目標とします。
さて、どうなるのでしょうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2012/02/13 20:09 ] 日常 | TB(0) | CM(1)
2012-02-20 23:00 

身体の画像(閲覧は注意してください)


昨日のダイエットの続きです。
とりあえずダイエット前の画像を掲載しておきます。
今後これがどうなるのでしょうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2012/02/20 23:00 ] 微エロ | TB(0) | CM(0)
2012-02-21 11:19 

恋愛の話は興味が無い?


「他人の恋愛なんてどーでもいいじゃん。」そのような意見を聞いたのです。
僕自身は他人の恋愛の話しはおもしろいことが多いと感じているので、どうでもいいという考え方はとても意外でした。

その恋愛がうまくいっているとか、そうじゃないとか、そんなことはどうでもいい。夫婦げんかは犬も食わないというように、ケンカの話もどうでもいい。そのように考えています。
恋愛の話の醍醐味は、お互いがマジメに考えている結果の意見としての相違をどのように克服しているのか、につきると思っています。。

そこには、お互いがお互いの意見を尊重するために、トンデモ理論が生み出され、それを本人たちが、たとえ納得いかなかったとしても、なんとか折り合いをつけているところが非常に人間くさく。それがおもしろいのではないかと。ちなみに他人のカップルの性的な話は一切興味がありません。


また、そういった考え方の相違は、ある種の滑稽さを含んでいることも多いのです。だからこそ僕はそれらの話に惹かれます。
相手の気を引くための各種のテクニックもおもしろい。そうやるかぁとか、それは裏目に出るだろーと思うようなことも本人たちは大まじめだし、それがうまくいく場合もある。自分にはキツイようなことでも、第三者へのそれはとてもおもしろい。

かつて僕の友人で、帰る頃になると毎回ケンカをするというカップルがいた。そして友人の男性が言うには、「人混みになると泣く」だから涙を見せたいんじゃ無いか。か弱く泣いている弱い自分をアピールしてるのではないかと。そのように言っていた。もちろん事実はわからない。女性の方も友人だったので、そういう話は聞かなかったけれど、少なくとも人前で簡単に泣くような印象の人では無かった。
だから男性の方が話を大げさにしている可能性はあるし、ひょっとしたら泣いている事実も無いのかもしれない。
だけど僕はそれでいい。泣くということが作り話だったとしてもそれはそれでおもしろいし、創作としてのポイントも高い。だから僕はその話を聞いて、一通りのバカげたトークとともに時間を使えればそれでいいと思っています。

好きな人がいる。そのように言う友人がいる。どうやら単純に見た目がすごくタイプの人と会ったらしい。今度は本気だ。今回は違う。そのような今まで繰り返し使われた言葉を今回も聞くことになった。
だけど、明らかに目の輝きが違う。トークの雰囲気が違う。だからきっと今回の人は、相当タイプで、かっこいい人なんだろうと思いました。何も性格で選ぶ必要は無いんだけど、見た目のタイプでここまで態度が違うというのは、残酷でもありますが、その友人の違う一面を見ることができたようで、とても興味深い物がありました。


長く付き合っている人たちの話。やはりこのぐらいになると、すごく安定感があります。この安定感のある話しも僕はとても興味があります。
僕の場合、我慢することができません。すべて指摘してしまう性格ですし、特定の部分においては非常に細かい性格かもしれません。誰もが、他人と一緒に長い時間を過ごすには、ネックとなるような性格を持ち合わせているように思います。

そしてそれを他の人たちはどうやって解消しているのか。とても興味があるのです。これは主婦の人でも、結婚とは関係無く長期で恋愛している人も、共通している回答を得られることが多いように思います。いい意味での無関心だったりとか。我慢だったりとか。尊重だったりとか。そしてだいたいにおいて聞くのは、ちゃんと「好き」だっていうこと。

かつて僕は恋愛の事を表現するのに、登山のようだと思っていました。つきあいはじめるころが山頂で、あとは一緒に下山するだけなのです。そして下山してしまえば、次の山にチャレンジしてしまうという。

しかし長期で恋愛をしている人たちは、必ずしもそうではありませんでした。山頂にとどまっているのかもしれませんし、下山した山に再度チャレンジすることなのかもしれません。とにかく長期で付き合っていても、いつまでもちゃんと好きに思っているというのは、とても不思議な感覚でした。

ちなみに僕の場合でいうと、もちろんある程度長期の恋愛になっていると思いますが、今でもちゃんと相手のことを好きです。何となく、好きと思う時期としばらく放っておいて欲しい(冷めている?)時期が波のように交互に来ている感じがします。

こうして、恋愛の話というのは、たとえそれがうまくいっていても、うまくいっていなくても、長期だとしても短期だとしても、その話しのそれぞれがとても僕には勉強になっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2012/02/21 11:19 ] 考え(自分関連) | TB(0) | CM(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。