過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011-07-01 14:29 

ふとんのにおい。


においについては、今まで何回か記事にしている。
2010-12-24 におい
2011-03-01 匂いの話。

大きなくくりでのにおいについては、一通り気になることは書くことができたので、個別の細かい部分について焦点を当てたいと思う。

よだれのにおいとか、汗のにおいとか、下着のにおいとか。においの発生場所と、それをにおう場所はさまざまある。もちろん読者の方にも、色々と考えるところがあると思う。

そんな中で、とりあえず今回はふとんのにおいである。※ちなみにベッドも含む。

布団は不思議だ。枕がくさいことはあっても、布団がくさいことは滅多にない。そればかりか、身体のいいにおいが凝縮されるように思う。今まで、良くも悪くもいろいろな布団で寝た。それはもちろん一夜だけの・・・という関係の布団かもしれないし、恋人の布団の時もある。もちろん友人の布団もだ。

あまり体臭のくさい人というのが友人にいないので、なんともいえない。だけどたとえば疲れてそのまま寝てしまった時、翌朝はやっぱりシャワーを浴びないと、体臭は濃縮されている。いいにおいとはいえない。そういった状態になることはよくある。

そんな時でも布団は裏切らない。くさいにおいは布団には付かず、その人の体臭のいい部分を保持してくれる。

彼の家で寝るとき、彼は一緒のベッドでは寝られないということで、別々で寝ている。このとき僕は普段彼が使っているベッドを利用している。
彼の体臭のいいにおいの部分が布団に濃縮されているように思う。

友人が遊びに来て、僕の布団を使う時がある。翌日一人で布団を使うと、やっぱり友人のいいにおいがしているのだ。それはもちろん香水や柔軟剤の香りではなく体臭。
誰かの胸に抱かれて寝たい。そんな願望は皆無だけど、もふっとしたときのこのにおいはたまらなく好きなんだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2011/07/01 14:29 ] フェチ/好み/タイプ | TB(0) | CM(0)
2011-07-02 16:21 

カミングアウトについて


いくつかの記事に分割して書きたいと思う。カミングアウトというのは、その対象者によって、考えるべき場所があると思うからだ。

避けて通れないのが親へのカミングアウトだと思う。
ということで、今回は親へのカミングアウトについて。他には友人や(元)恋人へのカミングアウトについても書きたい。

まずカミングアウトについて僕自身が思うのは、そこには自身のエゴが含まれているのではないかという事である。
もちろん嘘偽りのないありのままの自分を表現し、それを家族や他者から受け入れてもらうことは非常に重要なことだと思う。
一方でそれは、オープンにしたいという自身の気持ちが強くなりすぎないように、僕は注意したい。それを言われた方にも、新しい価値観に対峙しそれを受け入れるのか拒否するのか、今までの価値観との葛藤は少なからず生じることになるのではないか。

カミングアウトは容易ではないだろう。それは簡単に想像できる。相手が嫌悪を示した場合、否定的・批判的だった場合。告白することが引き金となって、それまでの関係を維持できなくなる可能性もある。そこまでのリスクを冒してまであえて告げる必要はあるのだろうか。

そして一番身近で一番大きな存在なのが親であると思う。

僕の話。
僕は「親に対してだけはカミングアウトをすることは無い」と考えている。いくつかの理由がある。別に親が受け入れないからとか、否定的に考えているからという理由で告げない訳ではない。きっと親は戸惑いながらも、僕の主張を半ばあきらめながら聞くだろう。そして、たとえ理解できない・受け入れない状態だったとしても、今まで通りに生活は行われていくと思う。親はいい意味でいままでそうだったし、悪い意味でもそうだった。

僕はこのような親の態度をむしろ肯定的に考えている。僕は自由が与えられた方が、うまくやっていく自信がある。自由にした結果がいわゆる親が考える昔から続く常識とは違ったとしても、それが違法でない限りは、親は僕の行動を咎めたりはしないと思う。そんな親なのである。

そしてそれが想像できるが、一方で僕の親は高齢である。今更それを告白されて新しい価値観に触れることの意味を考えてしまう。もちろん親は結婚を期待している節があるし、僕は長男なので、親の常識から考えると、常識的な道を歩まない不安というのがあるだろう。
だけどそれは最初に挙げたとおり、親は僕の好き勝手にさせてくれている。だからそっちの方で(恋愛はしつつも結婚までは至らないんだろう)と考えてもらえれば十分。

十分に高齢の親にとってゲイという新しい価値観を受け入れることは可能なのか。そういう疑問がある。僕の環境においては自分の親には告げないということなだけで、特に親には黙っていなければならない理由は無い。念のため。

だから僕は親にはカミングアウトをしないと考えている。

一方で彼の場合。彼の親はまだまだ若い。たぶんこのブログを読んでいる方で婚姻している人がいれば、きっとあなたと同じかやや上ぐらいの年齢ではないか?(一般的な年齢で結婚し、大学生の子供がいる年齢・・・)そう考えると、まだまだそれを受け入れられる余地は十分にある。
※ちなみに僕の親はもう60歳とか70歳とかですが、彼の親は50前ぐらい??。

40代とか50代であれば、子供がゲイであることを考える時間は十分にあるし、それができると思うし、するべきなのかもしれない。

だから彼には何かのタイミングで、それを伝えて欲しいと思っている。きっと彼にも相当な勇気が必要だと思うし、覚悟も必要。そしてそれは告白する側だけではなく、親の側も相当の覚悟とともにそれを受け入れなければならないと思う。

だけど、きっともう薄々気づいているのではないか?という期待(恐怖)も若干ある。

いろいろな人へのカミングアウトというのは、おそらく最終的な仕上げとして、とても大きなことだと思う。だからこそ慎重に考えたい。

もちろん言うことが重要であれば、言わないことも重要なのではないか。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2011/07/02 16:21 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)
2011-07-03 10:00 

カミングアウトについて 2


兄弟へのカミングアウト。僕には妹が二人いる。そして一人の妹への軽いカミングアウトはすでに行っている。

というのも、僕がバイであることはすでにずいぶん前に伝えていた。大学生時代だったと思う。女の子とつきあっていた時にはそのように報告したし、男性とつきあっている時にはそのように報告した。

妹はいわゆる腐女子なので、特にそれには抵抗が無いようである。ただし現実のそれには全く興味も無いようで、話を聞かれたことはほとんど無い。「今は男の子とつきあってるの?それとも女の子?」ぐらい。質問が淡泊なところをみると、単純に興味が無いのか、嫌悪しているのかのどちらかなのかもしれない。

親へのカミングアウトについて、僕はしないと書いた。そして妹については、した方がいいと考えている。
それはやっぱり年齢によるものが大きい。別に僕にとって、妹の存在というのは人生において大きな意味を持たない。家族だけど、仕事も関係ないしそもそも妹の一人はすでに結婚しているし。

しかしゲイとかバイについて、妹はそれを知って考えることができるだろうし、受け入れることだってできるかもしれない。もちろん受け入れられないのであれば、それはそれ。
一人の妹は年齢が僕と一つしか違わない。だから告げることは何ら問題も無いし、日常会話の中で、それを伝えるチャンスというのは大いにあった。

しかしもう一人の妹。こちらが問題である。
何よりも問題なのは、二人で話すことが全くないということ。10歳も離れている妹は、今は20歳。もちろんゲイのことは知っているだろうし、おそらくすんなりとそれを受け入れると思う。
しかしどうやってそれを告げるのか。わざわざ呼び出すなんて絶対無理。でもこれからもきっとっ二人になることは無いだろう。

現実的なのは兄弟3人で会うタイミングを作って、(妹の卒業祝いとか就職祝いとかでね)そのときに、しれっと言うのが現実的だろう。

ということで、兄弟にはカミングアウトしますよ。という話。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2011/07/03 10:00 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(1)
2011-07-04 10:00 

カミングアウトについて 3


友人へのカミングアウト。
非常に難しいと思う。今まで書いた、兄弟や親へのカミングアウトについては、受け入れる・入れないというのはあっても、それが原因となって、疎遠になることは基本的にはあり得ないと考えている。だって家族だもん。逆にそれは僕が、今の僕の価値観では受け入れることが難しいような告白を家族から受けたとしても、それが法律で問題がなければ、ある種のあきらめかもしれないが、その事実を受け入れるだろう。

一方で友人は、価値観の違いは距離感につながると考えることもできる。もちろんそんな人が多数ではない。だけど、一部そういう人がいるし、そういう悲劇は聞いたこともある。「言わなければよかった」と。もちろん大多数は「言ってよかった」となるのかもしれない。

僕の場合。
僕は今つきあいのある友人にはそれを伝えてもいいと思っている。今まで、「伝えない」「伝える」であったが、今回は「伝えてもいい」

もちろん伝えれば友人の全員はそれを受け入れると思う。
今まで僕はつきあった人には、男性とも女性とも付き合ったことがあると伝えてきた。そして今まで全員がこういうのであった「かお。らしい」と。

よく分からないのだが、僕はどん欲らしく、そういう意味で男女関係なくそういうことを追求しそう。という、いいことなのか悪いことなのかよく分からない理由を言われたことがある。また「かお。は男でも女でも何でもいいんでしょ。たとえ動物でもね(笑)」とも。

恋人関係、もしくはそれが近くなるときに告げるのは、毎度のことになっていた。僕は今までの恋人の履歴を開示したいとも、して欲しいとも思わない。だけど、まあそういう会話は普通なので、いちいち隠したり置き換えたりするのが面倒。それに僕とつきあうぐらいなので、相当な常識とは違う数々の行動は受け入れてもらわなければならない。

友人たちも同じ。僕と懇意にしてくれる友人たちは僕の常識外れの行動はもう理解してくれている。だから今更好きの対象を伝えたところでいちいち驚かないと思う。で、だからこそ、いちいち報告することなのか。と僕は考えてしまうのである。

「かお。のことだから、いちいち驚かない」そのようなことを言われるために僕はカミングアウトする必要があるのだろうか。

とりあえず友人に対してのカミングアウトは35歳が目安だと考えています。が、早まりそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
[ 2011/07/04 10:00 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)
2011-07-05 12:58 

伝えることと伝わること



カミングアウトについては、三部作で終わりにする予定でした。が、いくつかの興味深いお話を頂いたこともあって、今回もちょっと言及したい。

誰かに何かを伝えるとき、その情報が正しく伝わる保証は全く無い。だから例えばビジネスの世界では、最低限の内容については契約という形で、書いて約束を結ぶわけだし、社会を生きていく中では、それは常識をよりどころにするかもしれない。

カミングアウトについても、同種の問題が発生する。

ゲイであることを伝える時に、それが誤解が無くすべて正しく伝える・伝わると期待することは一種の無謀では無いかと考えている。

いくつか思いつく部分というのはある。例えば僕の説明するゲイと、ゲイのほとんどが感じるゲイというのは違うかもしれない。そう言う意味でも僕自身がそれを説明するために口を開いた瞬間から誤解は生じる可能性がでてくる。

もちろん僕自身の気持ちや考えを、より忠実に慎重な言葉を使ってそれを説明しても、まだ誤解は生じる。例えばそれは言及していない部分での誤解かもしれないし、すでに持っているイメージからくる誤解かもしれない。

例えばゲイと宣言することによって、それを聞いた人は「女性言葉を使ってないじゃん。家族の前では使ってないけど、ホントは使ってるんだよね?」という誤解かもしれない。
極端な場合であれば、それって病気なの?とか、治るの?とか。

これはもう仕方の無いことだと思う。

そしてこれは派生した別の問題を生む。僕→友人→友人 という伝達が行われる可能性である。僕から友人に説明するとき、それはなるべく事実を伝えるし、そこから生じる誤解というのは、そこまで大きくならないだろう。しかし友人が友人にそのことを伝える時、そこには恐ろしいほどの誤解が含まれる可能性がある。

一つは、おもしろ半分という人がいるであろうこと、事実をよく知らない人が噂をすることによって広まる話。それが、僕の無視できる範囲であれば、問題無いと思う。しかしそうも言ってられない状況になる可能性もある。


それについて、僕としては友人を選んで伝えるので、そこから広まることは基本的には無いと考えている。しかし「それは絶対に無い」という意見もある。であるならば、そこから広まるのは仕方が無いのではないか。思いつく具体的なデメリットというのがあまり想像できない。
※ちなみに今まで伝えた数名から他に漏れたことがない(漏れた事実を知らない)ので、今後もそれを想像してしまう。

僕は他人の行動をコントロールしたいとは思っていないし、できるとも考えていない。だから僕が友人たちに伝えた後、その友人がどのような行動を取るのかについては、友人にゆだねるしかない。そしてその考えは今までにおいてはうまくいっていた。

これからは職場でもある程度はオープンにしていくことも視野に入れているので、(少なくとも部下には伝えた方がやりやすいような気がするし)
意図しない形で、伝わることもしっかりと考えていきたい。
[ 2011/07/05 12:58 ] 考え(ゲイ関連) | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。