過去の日常

ゲイ・バイとして過去のまとめ。30代の悩み。考え。日記。20代と30代のゲイカップルです。

-------- --:-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011-10-07 10:00 

木曜は第二の週末。


僕はかつて毎日のように飲んでいた。本当に毎日のように飲んでいて、少なくて週に3回。多ければ5日とか6日とか居酒屋で飲んでいた。。

性的な意味ではなく、色々な人との交流や出会いがとても重要だとそのときは考えていた。特に大学の3年生を過ぎたあたり、就職が決まったぐらいからそのようになった。もちろんこのときは、好奇心も時間も体力も有り余っていたのである。しかしお金だけは苦労した。

僕にとって幸いだったのは、このときの交流はほとんどゲイとは関係が無かったことである。もしこのときに、ゲイとしての遊び方を覚えていたとしたら、、、僕は今とは違う人生を歩んでいたかもしれない。

このときは、学校やバイトやその関係から広がる友人たちとばかり出歩いていた。このときに知り合った多くの人たちの意見や考えは、僕にとってても重要なことばかりであった。

夜に出歩くことが増えると、必然的に週末は絶対に空かないようになってしまった。必ず何らかの予定が入ってしまうのである。だからこのとき、僕は優先的に木曜日と水曜日から予定を入れていた。そうすることによって、なるべく多くの人との交流が可能になった。水曜日から予定が埋まれば、うまくいけば水~日までたっぷりと時間を取ることができる。

かつて「水曜日からよく飲むことができるね」って言われたことがある。確かに金曜日だけ飲むことができれば翌日のことも考えなくていいから一番楽しい。しかしそれだけという訳にもいかないので、次点である木曜日にも予定を入れるのである。そしてそれも埋まってしまった場合には水曜・・・と。

だから僕は、木曜は第二の週末と呼ぶようにした。もはや気持ちの中では木曜日から週末なのである。
今となっては、飲みに行くことは滅多に無い。だからあまり木曜日が第二の週末だという意識を持つ必要もなくなった。
一方で、金曜日に飲むのは、店が混むからあまり好きじゃない。本当は月曜日とかに「軽く」飲むのが最高だと思っている。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ご意見等は kaokao.hihi [at] gmail.com までお願いします。

※10/9(日) ゲイタンバザールカフェ を行います。
参加希望の方はメールください
スポンサーサイト
[ 2011/10/07 10:00 ] 昔の話 | TB(0) | CM(0)
2011-10-06 10:00 

夢と目標のこと。


僕の交流の中では、社会人と学生が多い。社会人は社会人の悩み、学生は学生の悩みというのがそれぞれある。
僕も学生の頃は、ありがちで一生を大きく左右するような不安を目前に控え、すごく色々なことに悩んだ。もちろんそれは就職のことだったり、恋愛だったり、学校だったり、友人だったり、、、わざわざ宣言するまでもなく、たくさん悩んだ。

そして当然今でも社会人としての悩み。加齢のことだったり仕事だったり将来だったり、健康だったり。おそらくこれも、社会人としてのというよりも30代としての標準的な悩みなんだと思う。

夢というのがあるだろうか。僕は昔も今も、あまり大きな夢というのを持ったことが無い。現在の延長線で達成したいこと、、それを夢というのなら夢かもしれない。ただそれを自分では目標という言葉の方がしっくりくるように思う。

そして、夢、、、目標を振り返ったとき、僕は達成したのではないかと思っている。当時学生の頃には、パソコン関係の職に就きたいという目標があって、実際にそれは達成することができた。
もちろん当時はパソコン関係の職業の中でも、"開発・プログラマー" をするだろうと漠然と思っていたし、パソコンを利用する職業なら、普通の事務職、例えば経理とか、、になることも可能性としてはあり得る話でもあった。

しかし実際には、そのような僕自身の考えとは違い、結局はネットワーク系の仕事と、サポート関係の仕事をしている。しかしそれでも、描いていた具体的な仕事とは違うかもしれないが、自分がつきたいと思っていた仕事に就くことができた。

そこで、自分の考えていた夢が叶った先には何があるのだろうか。

目標であれば、それを通過点とすることは簡単である。それは現状への不満からそのように考えるかもしれないし、目標が達成されると、必ず次のより大きな目標へチャレンジしたくなるものである。

しかし夢だとしたら。夢が叶った先には何があるというのか。なるべくその状態を維持するという努力だけだろうか。
僕自身が夢を持ったことが無いので、それがいまいちよく分からない。夢と目標というのは同一視していいのかもしれないし、ひょっとしたら夢というのは、もっと巨視的な何かかもしれないから、常に叶うということがないのかもしれない。


僕自身は、常に目標を持っている。といっても、別に大きな目標ではない。「なるべく怒らないようにする」とか、「無駄遣いをしない」とか、ほんとにそんな簡単なこと。
あとは仕事と年齢は重要な相関があると考えているので、今後3年~5年ぐらいで自分が進むべき道についての、ざっくりとした目標を携えているぐらい。もちろんその計画・目標は、年齢が進むにつれて修正されることも多い。
今までの僕の場合、必ず区切りとなるような大きな出来事があるので、そのときに目標が大幅に修正されることになる。

しかしその目標に向かって走り続けるのは、なんだかとても疲れることのような気もしないでもない。ぎりぎり達成できるか分からない目標を掲げて、それが何とか達成できたとしても、またすぐに次の大きなさらにずっと先の目標が出てきてしまう。性格だから仕方が無いにしても、一生これを繰り返すのだろうか。今の僕には全く分からない。

ある程度の年齢になると、上という意味での目標を持つことをやめ、維持という目標に変わるのかもしれない。

ただ少なくとも、僕自身が考えていた学生の頃の夢・目標と、今の夢・目標とは大きく意味が異なると考えている。そしてそれは、さらなる将来になると、また今の僕とは違う意味を持つことになるのだろうか。とても気になるところでもある。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ご意見等は kaokao.hihi [at] gmail.com までお願いします。

※10/9(日) ゲイタンバザールカフェ を行います。
参加希望の方はメールください
[ 2011/10/06 10:00 ] 昔の話 | TB(0) | CM(0)
2011-09-27 00:01 

友人と久しぶりに会いました。


ゲイタンバーでは、ずいぶん古くからの友人に声をかけました。当時、25歳ぐらいだったでしょうか。僕としては、人生の中で意欲も性欲も大変高くて充実した時期の一つでした。この時に仲良く過ごした友人でした。
このとき、僕は悪い意味で自分勝手でした。それは僕自身の迷いが原因だったのかもしれませんし、心も体も充実していた慢心が態度に出ていたのかもしれません。

決してそれが悪い思い出となっているわけではありませんが、不誠実な態度の数々も、この時期の友人たちにはあったのかもしれません。

と、色々言ってますが、要するに知らなくていいことを知りすぎてるのがこの友人でもあります。

彼とつきあい始める1年ぐらい前から交流が始まり、彼と知り合ったときも紹介をしました。その後何となく疎遠になって年に1回~2回程度会うぐらいとなっていました。僕としては、このぐらいから仕事が忙しくなったことや、彼との交際が安定していたために、あまり積極的に友人との飲みをしなくなったということもあります。

久々にする連絡が、ゲイタンバーのお誘いだったので、僕はおそらく無視されるのではないかと思っていました。虫がよすぎますよね。しかしながら快く誘いに乗ってくれて、お店に来てくれたのです。

昔からの僕を知っている友人は、今回のお店形式を僕が一応の主催をすることについて、「かお。が、どのように立ち振る舞うのか興味があった」と言っていました。

確かに僕は細々とした作業は本当に苦手です。今回も例えばお店がオープンしてから、一度もカウンターの中に立ちませんでした。味見以外の料理はしませんでした。僕が行った作業は買い出しぐらいで、(しかも荷物はあまり持たず・・) オープンしてからも、交流をするよりも、ずっと買い出しやらそのほかのことをしていました。

お皿を片付けたり、コップを下げたりということは、ほとんどしませんでした。確かにそれをやろうとしても、できなかったと思いますが。
そういった姿をみて、友人は「皿を片付けたりコップを下げる姿が想像できなかった」といい、「なるほどそう立ち回るのか」というようなことを言っていました。

僕は寄せていただける善意はすべて受け取りたいと思っています。だから当日、みんなが色々な作業をやってくれて、また時には参加者として来てくれた方が手伝いをしてくれて。そういった交流もありではないかと思っています。
もちろん僕は不公平は大嫌いなので、企画者の人も、参加者の人もすべて同じ料金設定で飲み食いをしています。

今回のゲイタンバーは、ブログやTwitterでの交流の人がほとんどです。そのため、比較的ここ1年ぐらいの最近の僕しか知りません。だからこの友人から語られる昔の僕は、確かに連続している同一人物ではありますが、なんとも気恥ずかしい気がするのです。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ご意見等は kaokao.hihi [at] gmail.com までお願いします。

※10/9(日) ゲイタンバザールカフェ を行います。
参加希望の方はメールください
[ 2011/09/27 00:01 ] 昔の話 | TB(0) | CM(0)
2011-09-20 19:17 

昔、僕は太っていました。


僕は彼と知り合ってから、急激に太りました。その時のことは「幸せ太り」という記事を書いて紹介しました。

太っていた頃、スーツを買いにいきました。なにもそれは、今までのスーツが履けなくなったとかでは無く、単純にそういう時期がきたからです。僕はスーツとかそういうのには無頓着なので、あまり気にしていません。ただやっぱり毎日履くので、どうしても痛みは早いのです。

僕は当然のことながら、オーダーで買うわけはなく、吊るしと呼ばれる、既製品を購入します。スソやウエストの部分を調整してもらうだけで購入できるので、お手軽ですし、なにより価格も安いのです。

今は細身のスーツが中心のようです。特に僕ぐらいの年齢であれば、パリっと細身のスーツを着こなし、身体のラインを出す。そういう考えのようです。僕も細身のスーツのほうが若々しい感じがするので、それがいいと思っていました。そして僕の身長などに合うサイズを探したのです。

身長を中心にさがすと、上着はまあいいのです。腕の丈などはちょうどいいですし、肩幅も僕が快適と思えるサイズになっています。

しかしウエスト。これがマズイのです。どう頑張っても入らない。店員さんに相談しながら、商品を選ぶのですが、当時は僕も太っていたので「こちらの商品ですと、目一杯調節しても、5cmぐらいです。」と。「5cm調整しすれば、ギリギリOKって感じかもしれないです」そのように言われてしまいました。

もちろん僕はこの時にはダイエットの固い決意をしていました。していましたが、この出来事はとても大きな衝撃を受けました。太っていることを実感するタイミングというのは意外に少なく、せいぜいお風呂に入っているときにかがむとおなかが出てくることぐらいでしょうか。当時の僕の体重であれば、裸で鏡の前に立ったとしても、そこまでひどい状態ではなかったと思います。

このスーツを購入して、最初の3ヶ月ぐらいは怖くて着ることが出来ませんでした。もしまだ着れなかったどうしよう、と。
結果・・・数ヶ月後にはちゃんと痩せたので着ることができるようになりました。

1年ぐらいが過ぎて、また新しいスーツを同じお店で購入することになりました。この時は、吊るしのスーツを選ぶだけで、ウエストの調整は必要ありませんでした。
僕はこの経験から、やっぱり太るのはとても恐ろしいことだと未だに恐怖しているのです。

と、この記事を書いたのは結構前のことです。最近はまた少しずつ太ってきたのでやっぱり恐怖しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ご意見等は kaokao.hihi [at] gmail.com までお願いします。

※9/24 ゲイタンバー を行います。
※10/9 ゲイタンバザールカフェ を行います。
参加希望の方はメールください
[ 2011/09/20 19:17 ] 昔の話 | TB(0) | CM(0)
2011-07-25 20:43 

パパの話。


僕の年代。
30代=1980年代生まれは、思春期のころに女子高生、ブルセラ、援助交際という言葉が使われ始めた時代でもあった。

そしてそれは、もちろんゲイの世界も無関係ではない。女子高生がパンツを売るのであれば、ゲイもそう。パパがお金とともに肉体を求めるのであれば、それはゲイの世界も同様である。

もちろんゲイのコミュニティの中で高校生というのは相当人数が少ない。そのため実際には大学生~20代前半ぐらいまでがその対象になるのだろう。

僕はこの世界に入る前から、どうにも年上が苦手で恋愛の対象や、それをにおわすような関係になることは不可能であった。しかし友人の中には、年上が好きということもあったり、何よりも若いときは常に貧乏であった。そういった事情があって、肉体と金銭を交換するという話を聞いたことがある。

何をもって後ろめたい行為とするのか、非常に難しいところがある。たとえばずっとずっと年上の人、、、父親ぐらいの?、、、という人に食事をごちそうしてもらう。そのようなことは、たとえ下心や不純な動機があったとしても、食事を食べるということのみにおいては、問題があるのだろうか。
若い子は空腹を満たすことができ、パパは有意義な時間をわずかな金銭で満たすことができる。もしそこにちょっとした違和感があるとすれば、年齢差がありすぎる、ということだけである。

ゲイは多様であるから、いろいろな行為が金銭の対象となることがある。たとえばセックスにしても、最後までする場合、手だけの場合、口だけの場合、、、しかもそれは、してもらう場合もあれば、させてもらう場合にも価値が生じる。あまり適切な例では無いかもしれないが、援助交際の場合「させてもらう」ことが目的であり、してもらうことは主たる目的ではおそらくないだろう。しかしタチ・ネコという役割に応じて、求める内容も違う。
聞く話のほとんどは、してもらうのはOK。だけどこっちからするのは抵抗がある。というのが多かったように思う。

金銭は相場もあるようだけど、なんかそれぞれみたい。

僕の場合。僕はやっぱり無理だ。新宿の飲み屋で、かつて足を触られたりだとか、肩に手を回されたりだとか、そういったことがあった。しかしそのような行為のどれも、僕は嫌悪感を感じるのである。もちろん冗談で触ってくる場合と、明らかにいやらしい感じの時の違いがあって、嫌らしいときの感じは何とも言えない嫌悪感である。

だからかつて何回か、義理などで食事をするようなことはあった。だけどもちろん金銭の授受も肉体の提供も一切不可能であることを僕は知った。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
※奥にちらりと映っている人は彼がタイプらしいです。
[ 2011/07/25 20:43 ] 昔の話 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。